これからの私の人生

これから、どうやって?

どうやって生きていこう?

左半身麻痺で、左腕は使えません。

コンビニ袋で、2キロくらいまでなら落とさずに似持ち運べるようになったのは、この7年かかりできる様になりました。

左足も麻痺しているので、1本杖で歩いています。

最近では、転倒のリスクは減ったと思いますし、この2年ほどは転倒していません。

こんな身体になったことは、こちらに記事で読み返せます。

脳卒中になった日

今の左半身

右手が使えるのは、ビニール包装なら摘まめるので開けることが出来る様になりましたが、

左手を使うよりは、口で開けたり、はさみで切って開けたりしている方が多いですが、リハビリの観点からは使わなければいけないことは、今では解っているのですが( ^ω^)・・・

どうしても楽な方にいってしまうのが「人間の性(さが)」?ですよねー。

(o^─^o)ニコッ(笑)

ヘルパーさんの食事

料理はできないので、ヘルパーさんが週に2回来て、2、3日分のおかずを作ってくれています。

私の場合は、デイサービスと訪問リハビリの都合に合わせて月曜日と金曜日に来てもらっています。

1時間半の間で買物もしてくれるのですが、私の母親が心配性なので、どうしようもない?

こんな私の事が心配で、「そっちゅう来なくても良い。」そう言っても、ヘルパーさんの入る前日や当日に、食材を持って来てくれます。

まぁ~?あまり友達のいなかった様な母親が、同年代のヘルパーさんと仲良くなり?

休みの日に喫茶店などに遊びに行くようになったことは良いことです。

ただ?私がヘルパーさんの居てる時に、シャワー浴でお風呂にはいっていますが、

その間、ワンルームの狭い玄関から入った部屋までの短い、キッチン、お風呂、トイレの通路で、70歳を超えたおばさん2人の「おばさんトーク」を聞きながら入るお風呂は耳障りですけど(;^_^A アセアセ・・・(笑)

たまに、ヘルパーさんが、「これどうしよ?あれどうしよう?」と聞いてくるので、

「私は、食べ物の好き嫌いがないので、やすいようにある食材で作って下さい。」

そう言い続けてるのですが?

なんでもいい」「どっちでもいい」という表現、

これが世間では、あまり良い返答でないことを最近知りました。

(;^_^A アセアセ・・・(笑)

50年生きてきて、まだまだ学ぶことが多い世の中です。

左足の麻痺

左足も麻痺していますが、手や腕に比べれば?かなり動く様になってきてます。

最近、ここ2年ほどは転倒をした記憶はありません。

大概のつまづきには対応して動けていると思いますが?

感覚はいまだに鈍く、緊張が高まると、身体がこわばり歩きにくく、痛みがでてきます。

これが本当に困ります。

(;^_^A アセアセ・・・

腕より、足の方が筋肉量が多いからか?

寝る時、横になり足を伸ばした時は必ず緊張が高まり、筋肉が突っ張り始めて痛みが生じる生活を7年間もしてきて8年目を迎えました。

こんな左半身麻痺生活が始まった頃の7年前はこちらの記事に掲載してます。

左半身麻痺生活

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする