初めての左半身麻痺生活

不安だらけです。

大の大人なんですけどね。

1人暮らしなので。

(´;ω;`)ウゥゥ

左半身麻痺なんて慣れない身体で、

数カ月前に一人暮らしで死にかけたから。

「次は、自分で電話で救急車を呼べるの?」

これが一番の心配でした。

次は左脳が破裂したら人生終わるな。

思う日々。

お風呂は、自宅でヘルパーさんが居てる間にシャワー浴のみ。

これが今までも7年間続いてます。

一度、ヘルパーさんが居てる時に倒れました。

救急車を呼ばず、ベッドで横になれば落ち着きましたが。

これが初めての「後天性てんかん発作」でした。

この時から、ヘルパーさんが居てる週2回の入浴だけになったのが、

2016年の不安だらけ1年間です。

2月から5月くらいまでは、

家と週2~3回のデイサービスに行ってリハビリの繰り返しの毎日。

それまでは、1人で外を出歩くのが怖かったのです。

一点杖で、もしコケたら?一人で立ち上がれるの?

こんな不安がなかなか消えなくて。

最初に外に行ったのは、近くの内科に。

そこに行けてから、次は整形外科に。

1階の歯医者へと。

最初の頃は必要な病院通いから。

そして、整骨院でもしてくれるマッサージやリハビリ通いも、

デイサービスにプラスして始めました。

この近所の病院通いのおかげで、1人で外を歩くリハビリが出来て、

歩き回れる様になりました。

そんな生活をしていたら、少しづつ不安が消えていきました。

最初の1年はそんな感じでした。

デイサービスに、病院通いの往復リハビリをバリバリ頑張って、

「1年で治す」と意気込んでました。

そして、季節が春・夏・秋・冬と流れる中で、

今まで簡単に出来ていたことが出来ない自分を振り返るのです。

そしたら「あれはできてたのに。」

「左腕が動かないからできない。」

もちろん。

「走れない。」

トイレに行くにも装具を履かないと行けないし。

慌てると間に合わない。

トイレが気になるから外に簡単に行けない。

本当に、2016年の1年間は不安と、劣等感。

消失感に、絶望感等との戦いだったと思います。

夜な夜な大声をあげてる時もありました。

一応、苦情は出てないから今でも追い出されてないんでしょうけどね。

(笑)

そして、丸一年を迎える9月6日が来た時は。

まだまだ左半身麻痺でした。

とても1年なんかで治るような病気ではないことは、

インターネットを検索しまくって。

「脳卒中」、「被殻出血」「左半身麻痺」、「リハビリ」、「デイサービス」、「デイケアサービス」、「介護認定」、「生活保護」、「下肢装具」、「早期回復」

こんなキーワードを何度も繰り返して調べて、その病院へ行ったり、連れて行ってもらったりしたけど?

結局は治りませんでした。

まぁ~1年では治りませんでした。

そして次からは、2年目の左半身麻痺生活を迎えることになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする